暮らしを「安心」で包みこむ
住宅性能が頼もしい。

image photo

EQUIPMENT

先進のシステムで守るセキュリティや暮らしを支える、構造へのこだわり。先進のシステムで守るセキュリティや暮らしを支える、構造へのこだわり。

SECURITY

すべては、毎日を「安心」で包む
暮らしのために。

共用部

多重のセキュリティ
エントランスホールやその他の入口の開錠、エレベーターの認証には、ICカード乗車券「manaca」を導入。住戸の玄関も含め、多重のセキュリティラインを設けることにより、不審者の侵入を未然に抑止します。
※玄関ドアの鍵でも、各入口の開錠やエレベーターの認証が可能です。

SECOMセキュリティシステム導入
SECOMセキュリティシステムを導入。共用部のトラブルや各住戸内の火災・侵入など、異常を感知した場合は、SECOMコントロールセンターに自動通報。状況に応じて迅速に対処します。
防犯カメラ&防犯カメラモニター
エレベーター内や共用部各所に防犯カメラ(リース)を設置しています。建物内への不審者の侵入を抑止します。※一部除く

専有部

概念図

リバーシブルディンプルキー
2WAYロータリータンブラー方式により、理論鍵違いは1,000億通りとなります。また、ピッキングなどの不正開錠やドリル攻撃にも強い構造です。

参考写真

鎌デット
鎌形状のデットボルトは施錠後、バール攻撃のような暴力的破壊行為に対して、ロック受けから容易にはずせない仕様になっています。

参考写真

防犯サムターン
スイッチをツマミながらでないとサムターンが回らない仕組みになっており、サムターン回しなどの不正開錠に対して高い抵抗力をもっています。

参考写真

防犯ドアスコープ
アスコープを外しての不正開錠を防止する空転リングと本体の回転防止構造を採用しています。

参考写真

マグネットセンサー
全戸の玄関扉に防犯マグネットセンサーを設置しています。1階住戸は窓にも設置しています。※FIX窓には設置されません。

可動ルーバー面格子
共用廊下に面する居室窓に採用。プライバシーに配慮しながら、光と風を室内へ誘います。

録画機能付インターホン
訪問者をエントランスでチェックできるカラーモニター付きハンズフリーインターホンを設置しています。不在時には訪問者映像を自動録画することができます。

参考写真

人感センサー付ライト
(1階住戸のみ)
不審者への防犯対策として1階住戸のみ、テラスに人感センサー付きライトを設置しました。

STRUCTURE

見えない場所にこそ、
品質を追求した構造へのこだわり。

杭基礎
ボーリング調査を行い、既製コンクリート杭を支持地盤まで打ち込んでいます。

二重天井
床スラブと天井との間に、配線・配管スペースを確保した二重天井を採用。メンテナンスや将来のリフォームが容易になります。

ボイドスラブ工法
上下階住戸間の床スラブは約200~250mmの厚さを確保。従来のスラブに比べ強度に優れ、遮音性にも配慮されています。小梁がなく、すっきりした居住空間となります。

ダブル配筋
建物の耐震性と耐久性に配慮して、外壁・戸境壁などのコンクリート内に、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。※一部除く

コンクリートかぶり厚
かぶり厚とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚さのこと。建築基準法で定められた厚さを遵守し、コンクリートの中性化にともなう鉄筋のサビや劣化などを抑制します。

コンクリート強度
主要構造部である柱、梁、スラブには設計基準強度27N/㎟(約2,700t/㎡)のコンクリートを採用。※一部除く

排水立管遮音対策
排水立管には上階からの排水音を軽減するため、遮音対策を施しています。※一部除く


複層ガラス
専有部の窓には2枚のガラスの間に中空層を設けた複層ガラスを採用。優れた断熱効果で冷暖房効率を高め、結露も抑制します。

壁構造
RC造の外壁の室内側には、吹付け硬質ウレタンフォーム(断熱材)を施工。冷暖房効果を高め、結露を抑制します。戸境壁は音に配慮し、コンクリート壁厚約200mm以上を確保しています。※一部除く

アウトポール設計
構造柱を専有部より外側へ出したアウトポール設計を採用。居室内に柱の出っ張りがなくなり、デッドスペースのないすっきりとした空間を実現します。※一部除く

24時間換気システム
室内の空気を微風量で循環させ、24時間強制的に換気。お部屋の湿気や匂いなどを追い出し、清潔な空気環境を維持します。

T-2サッシ
開口部となる窓にはJIS等級T-2(30等級)のサッシを採用。外部からの騒音を和らげ、より快適な室内環境をつくります。※遮音性能はあくまでサッシ単体での実験値であり、実際の建物においては環境・場所により異なります。

住宅性能評価書
住宅性能評価とは、国土交通大臣登録の第三者評価機関が法律に基づき住宅の性能を評価する制度です。「設計住宅性能評価書」はすでに取得済。さらに施工・竣工の段階で検査を受ける「建設住宅性能評価書」も取得予定です。

COMFORT

日々心地よさを実感する、
快適な暮らしを支える住品質。

最大1Gbpsの全戸一括型
インターネットサービスを導入
最大1Gbps(ベストエフォート方式)の高速インターネットがご利用いただけるよう、各住戸にインターネットに接続するための回線や設備を標準装備しています。※最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。パソコンの性能、回線の混雑状況、転送するデータ量などにより大幅に低下する場合があります。※インターネット利用の有無にかかわらず全戸加入となり、月額利用料が発生します。※有料オプションサービスをご利用の際は、別途お申し込みおよび利用料金のお支払いが必要となります。

マルチメディアコンセント
電源コンセント・テレビ端子・LANをまとめたオールインワン型のマルチメディアコンセントを採用しています。※取付場所により形状・種類が異なります。(写真はリビング)
省エネルギー性等級4
省エネルギー性に関して、住宅性能表示制度の「断熱等性能等級4」および「一次エネルギー消費量等級4」の基準をクリアしています。
フラット35(金利Bプラン)対応
省エネルギー性に関する基準を満たした住まいとして、長期固定金利住宅ローン【フラット35】Sをご利用いただくことができます。
※詳しくは営業スタッフにお尋ねください。

SUPPORT

ご入居後も安心な暮らしを
お届けする、
独自の防災システム。

名鉄都市開発では、マンションにお住まいのお客様の声を汲み上げ、防災サポート「3ピース・システム」を立ち上げました。[各住戸の備え]・[共用部の備え]・[管理面の支え]という3つのピース〈peace=安心〉が一体となって安心な暮らしをサポートいたします。


第4期モデルルーム公開中<予約制> 第4期モデルルーム公開中<予約制>